スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反日の勇み足?

「中国人を侮辱」のゲームは日本製ではなかった!=度し難い中国人の被害妄想―中国メディア

Record China 5月12日(土)10時45分配信

(以下、引用)

2012年5月10日、ゲームソフト「ケインアンドリンチ2 ドッグ・デイズ」が中国を侮辱しているとして、弁護士の劉●(リウ・リン、●は王へんに林)氏が発売元を提訴した。その背景にあるのは、侮辱を恐れてねじ曲がってしまった中国人のプライドだ。網易新聞が伝えた。

「侮辱」が拡大解釈されたのは、それが「日本製」だったからだが、制作したのはデンマークの企業で、発売元の日本のスクウェア・エニックスは内容についての決定権は持っていなかった。しかも、ゲームは中国国内では販売されていない。販売される国でそれぞれ厳しい審査を経ているのだから、内容について責められる必要もない。

前作「ケインアンドリンチ デッドメン」の舞台は東京で、やはり多数の市民が殺される描写がある。他にも、ホワイトハウスが破壊されたり、大勢の日本人やドイツ人が殺されるゲームもあるが、訴訟に発展したことなどない。中国人の傷つきやすさは、もはや他国の人間には理解不能だ。

(途中、省略)

今日の中国の国民感情は「屈辱の近代史」を背景としている。貧しく、挫折に満ちた近代は列強の侵略と陰謀がもたらしたものだと信じ、「中国は被害者だ」とする思いが染み付いていった。経済成長によって中華民族としてのアイデンティティーは強化された。だが、屈辱と自負の間でナショナリズムが燃え上がり、ことあるごとに西側の「動機」を疑いの目で推し量り、「陰謀」に結びつけようとする。

いじめられ、侮辱を受けると思っていれば、周囲の人が皆そのように見えるものだ。人や国が侮辱を受けたかどうかは、本人がそれをどう感じるかで決まってしまう。だが、「人はまず自らを侮り、その後人に侮られる」という孟子の言葉を忘れてはならない。他人から侮辱を受けてもいないのに強い被害者意識を持つことは、自らを辱める行為なのだから。
-----------------------------------
よく調べもしないで脊髄反射で訴え起こしたのかww


それで実はデンマークの制作でした。と。


完全にやっちまったなww


もう後の祭りですけどね。


それにしても、こういったことで騒ぎになるのってさ。


特亜の余分3兄弟だけじゃないか??


確か、「ヘタリア」ってアニメの放送で韓国の扱いがどーとかってチョンが難癖付けてたよね?


何か原作だと韓国は中国の小ずるい弟分のキャラだとか何とか。
(読んだことないんで詳しいことは知りません。)


でもアニメ版ではチョンは登場してないらしいんだけど、結局放送中止になったとか?


本当は割愛されて悔しかったんじゃないの?


そもそも、この「ヘタリア」のモチーフとなってるのはイタリアらしいんだけど。


イタリアのファンの大部分は抗議どころか


ユーモアとして受け入れてくれてるらしいよ?


これも民度の違いなんだろうなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もとまえだ

Author:もとまえだ
大航海時代、引退しました。
そして今は、ただのオッサンが書きたいこと書いてるだけのしょーもないブログでございます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。